お知らせ スタッフブログ

INFORMATION STAFF BLOG

2017.04.22お知らせ

徒然桜

皆さんこんにちは。ショートステイさくらの里の田尻です。
いつもブログを読んでいただき、ありがとうございます。

1年半前、ショートステイさくらの里から天国へ旅立ったT様(89歳女性)。

歩くことは出来ず、食事も介助が必要。
不自由な体でありながら、会話をすればとてつもなく面白い方で、どんな言葉がでてくるか、スタッフは毎日楽しみにしていたものでした(認知症でもありました)。

ある日、T様(以下、T)「ちょっと~来てくれんね~」と居室から呼ぶ声。

スタッフ(以下、ス)「どうしましたか?」

T「あんた、豚肉ば100g買うて来てくれんね」

ス「豚肉?どうします?」

T「“ちゃんぽん(*)”ば作っとさ」

ス「わかりました、買いに行ってきますね」
と返事をして、ひとまず安心していただき、部屋を出ようとした瞬間、

T「ここに2ドルあるけんさ~」
(心の中)「はぁ~?2ドル??ですって?!」

振り返ると、その手に握り締めていたのは チラシで折った四角いごみ入れをたたんだもの!

確かに!

ドル紙幣と同じくらいの大きさかも、しかも2枚。すばらしい。
この日、笑いすぎて、腹筋を鍛えたスタッフ4名。

ある日。
T「晩御飯ばつくらんばけん、かんぼこば買うて来てくれんね」
今日も、ちゃんぽんを作りたいのだろうか…?

ス「今から、買い物行ってきますね」

T「ありがとう」…数秒後「ついて行かんでよかね?」
ついて行くのは不可能と考えたため、笑顔で、

ス「大丈夫、ひとりでいけますよ」

T「そうね、気をつけていかんばよ~」
やさしいお気遣い、ありがとうございます。

“ちゃんぽん”それは、中華スープに麺とキャベツ・モヤシなどたっぷりの野菜と・豚肉・かまぼこ・いかetc…が入った長崎県民のソウル麺フードである。

また別のある日。
T「はしごば持ってきてくれんね~」

ス「はしご?どうしますか~?」

T「ここから降りたかとさ~」

そこは、床上40cmほどのベッドの上である。

なんという発想!
自分で降りたくても降りられないから、はしごが必要だ!という発想なのでしょうね。

標準語で“○○を~”と言うのが、長崎では“○○ば~”となります。
あえて長崎弁のまま、文にしました。

これからも“楽しむ介護”が実践できるように、取り組んでまいります。

ショートステイさくらの里
http://sakuranosato.or.jp/facility/3002
お問い合わせ

お電話でのお問い合わせは
社会福祉法人いわこ会 さくらの里 事務所:095-850-7300

その他お知らせ

各施設の空室状況

2019年08月07日 現在